【あなたの将来予想図】成功において絶対に重要なマインド”ベネフィット”と”避けたい欲”を解説

webビジネス

みなさんこんにちわ!こまさんです😁

 

今回はネットビジネスにおいて、収益化を目指すために重要なマインド

“ベネフィット””避けたい欲”ついて、お話ししたいと思います。

 

ここに書かれた内容を理解し実際に行動に移すことで、

 

「新しいことに挑戦しよう」
「今挑戦していることをより成功させたい」

 

そのどちらにも共通して言えるのは

基礎を疎かにせずに、継続して積み上げていくことが重要であることです

 

 

ベネフィットってなに?

 

“ベネフィット”、または”得たい欲”とも言い

あなたがビジネスをしていくうえで掲げた目標、

 

それを達成した先で得られる物のことを指します。

 

 

「その先?どういうこと?」

 

その思った方もいると思うので説明して行きます。

 

達成することでこんな未来が手に入る

 

 

まず、あなたがネットビジネスを始めようと思ったきっかけは何でしたか?

 

「フリーランスになりたくて始めた。」
「本業の収入が少ないから始めた。」
「老後の蓄えのために始めた」

 

 

様々な理由があると思います。

 

 

 

では、”収入を増やすしたい”と思っているそこのあなたへ質問です。

収入を増やすという目的を達成したその先、どんな楽しみが待っています?

 

「高い焼肉屋へ行ける!」
「車のローン返済が早くなる!」
「生活にゆとりができて妻の機嫌がよくなる!」

 

などなど、

想像すると笑みが溢れる”良い部分”が挙げられますよね。

 

目標を達成したその先で得られるもの、それが”ベネフィット”です。

 

 

避けたい欲ってなに?

 

次は”避けたい欲”についてです。

 

 

気づいている方もいるかもしれませんが、

”避けたい欲”とは得たい欲の逆もこと!

 

 

あなたがビジネスをしていく上で掲げた目標が達成できなかった時に待つ、

最悪の未来のこと指します。

 

 

絶望しかないそんな未来

 

では、またあなたへ質問をします。

収入を増やすという目的が達成できなかった場合、どうなりますか?

 

 

まず、今と生活レベルは大きく変わることはないでしょう。

子供たちに贅沢はさせてやれないが生活していけるから問題ない。

 

 

そう思うのならそれでいいでしょう。

でも、将来はどうですか?

 

 

自分が60代を迎える時を想像してください。

 

 

貯金も少ない、年金もあまり貰えないとなると働くしかない。

年老いた体に鞭撃って働き続けた結果、脳梗塞である日突然倒れてしまう。

 

体には麻痺が残り、誰かの介助が必要な体になってしまう。

 

家族に助けを借りたいが妻は高齢、子供たちはそれぞれ家庭を持っており助けてもらえない。

 

 

施設に入所することを視野に入れるが貯金がないから長くはいれない。

自宅へ戻るしか選択肢しかなく退院するが、残り少ない貯金を切り崩して生活するため苦しい。

 

そして若いときからもっと、お金を稼げばよかった。

そう後悔しながら残りの寿命を終える。

 

 

「いやいや。言い過ぎだろ」

 

ところが言い過ぎではないです。

リハビリの仕事をしているため、そんな人を多く見てきました。

 

 

今の時代からそんな方が多いのだから、

これから先、間違いなくそんな人が増えます。

 

こんな最悪の未来嫌だ!

そう思う気持ちがあなたの”避けたい欲”です。

 

 

ビジネスにおいてどうして重要?

 

これがどうして”絶対に必要マインド”か。

 

それはこの2つをどれだけ意識できるかで、

ビジネスを継続していけるかどうかが決まるからです。

 

 

この2つを浅く考えてしまうと、

”集客が上手く行かない” ”アフィリエイトで稼げない” ”Googleアドセンスに合格できない”

 

などの壁にぶち当たった時に挫折し途中でやめてしまいます。

 

もちろん、途中でやめることが”悪い事”ではありません。

自分も二度ブログを挫折していますから、やめる人の気持ちもわかります。

 

 

 

しかし、挑戦して今を変えるしか、人生を豊かにはできません。

 

 

 

結局、継続していけるかもあなた次第なんです。

誰に教えてもらえるか、どれだけ環境が整っているかではありません。

 

自分の中に揺るがない覚悟がある人が成果を挙げられます。

 

 

それを意識して、これからも積み上げて行きましょう。

それではまた次回お会いしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました